大会アドバイザー 金 哲彦さんからのメッセージ